肉 ギフト券

肉 ギフト券

肉 ギフト券

このページは「ギフトのお祝い返しマナー 」の情報コンテンツです。
肉 ギフト券 > ギフトのお祝い返しマナー

豆知識

ギフトのお祝い返しマナー

お祝い返しという言葉は聞いたことがありますか?贈り物、お祝いをいただいた際に感謝の気持ちをお返しするのですが、そこにはさまざまなマナーがあります。

お祝い返しの文化

頂いた贈り物・お祝いへの感謝の気持ちを伝えるのはどの国でも人と人のつながりとして当然のことだと思いますが、お祝い返しがマナーとして浸透しているのは日本独自の文化のようです頂くお祝いによってお返しする際のマナーが多少変わりますが、多くの場合は贈り物をいただいたらまずはお電話やお手紙で感謝の気持ちをすぐに伝えるというのは基本中の基本です。

結婚祝いのお返し

結婚式にご招待した方々には引き出物という形でお祝い返しとしますが、結婚式には来ていただいていない方でも結婚祝いをいただくことがあります。その場合はいただいたお祝いの半分にあたる金額程度の品物をお祝い返しとして、結婚式の1か月後までに結婚式が無事に終わったことを伝えつつお返しするのがいいでしょう。

出産祝いのお祝い返し

出産祝い・ご懐妊のお祝いをいただいた場合、お祝い返しは結婚祝いと同じく半分の金額程度の品物をお祝い返しとし、お返しする品物は紅白の蝶結びののしをつけて、のしには「内祝い」と「お子様のお名前」を入れましょう。つまり、お子様が生まれてからお返しをすることになるわけですね。

生後一か月以内を目安としてお返しすることになりますが、お祝いをいただいてからお返しするまでに時間が経過してしまいますので頂いた品物や内容とお相手のお名前やご住所をまとめておくようにしましょう。

高価な贈り物の場合は例外

お祝い返しはいただいた品物の半額程度をお返しするものですが、いただいた品物が高額であった場合は例外です。その場合は3分の1程度か、もしくはあまりにも高額な場合は1万円程度までのお祝い返しを目安とするといいでしょう。あくまでもお祝い返しはいただいた贈り物への感謝の気持ちを表すもの。あまりにも無理なお祝い返しをするものではありません。

肉 ギフト券 激安通販